インビザライン半年間での経過観察【出っ歯の矯正#11】

こんにちは。くれとむです。
僕がインビザライン矯正を始めて、半年が経過しました。

現在のインビザライン矯正経過

・経過日数:6ヶ月
・今までのマウスピース使用個数:17個(大体10日ごとに交換)
・マウスピース着用中の痛み:特になし(新しいマウスピース装着後1,2日ほどだけ違和感あり)
・歯医者への通院頻度:月に1回

くれとむ

半年間の矯正生活で1番大きな変化は、出っ歯がだいぶ治ってきたことです。

矯正前

↓↓
半年後
↓↓

半年後

他の歯に比べて目立っていた前歯がだいぶ引っ込んでいることが分かります。

くれとむ

コンプレックスだった出っ歯が改善されてきたおかげで、最近では笑う時も口元を隠すことが少なくなってきました。

また出っ歯が原因で全体的に突っ張っていた口元も、出っ歯が引っ込んだことで少し引っ込んできたかなという感じがします。

ということで本記事では、インビザライン矯正の半年間での経過を比較写真を使ってご紹介していきます。
現在インビザライン矯正をしようかどうか考えている方はぜひ参考にしてみてください。

本記事で紹介すること

・半年間のマウスピース矯正による歯並びの変化
・矯正前と半年後の比較
・マウスピースの形の変化

※注意

口の中のアップ画像を掲載しているので、食事中の方や口の中を見るのが苦手な方はご注意ください。
またこの記事は、個人の体験に基づく内容となっています。
矯正の経過や治療方法は人により異なりますので、参考程度にご覧ください。

インビザライン矯正前と半年後の顔を比較

まずはインビザライン矯正前と半年後の変化を正面、横顔からそれぞれ比較していきます。

正面の顔を比較した場合

インビザライン矯正による半年間で正面から見たときの歯並びはこのように変化しました。

↓↓
半年後
↓↓

半年前に比べて、笑った時に飛び出していた前歯があまり目立たなくなっていることが分かります。
また他の歯に関しても、少し内側に向かって生えていたモノが真っ直ぐになってきたようにも見えます。

実際に半年前と半年後のマウスピース(上の歯)を比較してみると、大きく歯が動いていることがよりはっきりと確認できます。

くれとむ

矯正開始前のマウスピースを見ると、僕の歯は前歯を中心として全体的に鋭利な角度で並んでいたことが分かります。
まるで恐竜みたいな歯の並びだったんですね。

前歯を中心として全体的に出っ張っていた歯たちが、半年後のマウスピースでは綺麗にアーチを描き始めています。

ちなみに僕は出っ歯を治してたくて矯正を始めました。

そして正直なところ前歯以外の歯並びはそんなに悪い方ではないと思っていました。
しかしこうして半年間でのマウスピースの変化を比べてみると、思っていた以上に自分の歯並びは良くなかったんだなと実感しました・・・
矯正が終わった後に歯並びがどのくらい変化しているかが楽しみです。

くれとむ

それにしても半年間でも結構動くものですね。
毎日20時間ほどマウスピースを装着しなければいけなかったり、間食できないのは結構大変ですけどこうして目に見えた変化があるとモチベーションも保てます。

ちなみに下の歯のマウスピースはこのように変化しました。

下の歯は上の歯に比べて、変化は大きくないように見えます。
ちなみに僕の歯並びの場合、内側に深く入っている歯が一本あるのでその歯を動かすのに少し時間がかかるそうです。

なので現在は内側に入り込んだ歯を外に出すために、奥歯を後ろに下げてスペースを開けている最中です。
よくよく見比べてみると、最初よりも奥歯が少し奥に移動していることが確認できます。

横顔の変化を比較した場合

次に矯正前とインビザライン半年後の横顔を比較してみます。

↓↓
半年後
↓↓

半年後の方を見ると、前歯が引っ込んで少し口元に余裕ができているように見えます。

くれとむ

横顔に関しては口の力の入れ方にもよるので一概には言えませんが、横顔の方も徐々に変化してきているのかもしれません。


そして横から見たときの歯並びはこのように変化しました。

横から見た歯並びの比較

横から見ても特に前歯が目立つわけではなく、他の歯と同じくらいの高さになっていることが分かります。
インビザライン 矯正半年くらいで出っ歯を大幅に改善することができました。


歯並びの変化を観察

インビザライン矯正を始めてから半年間でどのくらい歯が変化したのかを比べてみます。

正面の歯並びの変化

正面から見たときの歯並びの変化はこのようになりました。

正面の歯並び変化

↓↓
半年後
↓↓

くれとむ

まだ少し前歯が出ていますが、半年前と比べると明らかに歯並びが全体的に揃ってきていることが分かります。

下から見た歯並びの変化

下から見たときの歯並びの変化はこちらです。

下から見た歯並びの変化

↓↓
半年後
↓↓

半年間インビザラインを続けて感じたメリット・デメリット

僕がインビザライン矯正を半年間続けてみて感じたメリット・デメリットをまとめます。

個人的な感想ですので参考になるかどうか分かりませんが、こういう意見もあるんだなという程度に捉えてもらえば幸いです。

そして実際にインビザライン矯正を始める際には、歯医者さんに自分の歯並びの状況や希望を伝えてよく相談してから治療を開始することをおすすめします。

半年間で感じたインビザライン矯正のメリット

インビザライン矯正のメリット

・マウスピースはまじで目立たない
・しっかり歯が動いている
・食事時にはマウスピースを取り外せるので、好きなモノが食べれる。

【メリット①】マウスピースが目立たない

僕がインビザライン矯正を初めて何よりもすごいなと思ったのは、マウスピースが本当に目立たないことです。
今は1日の中でマスクをして過ごす時間が圧倒的に長いからというのもありますが、僕はインビザライン矯正を始めてから友達にマウスピースをつけていることを気付かれたことは一度もありません。

それくらいマウスピースは口の中をよく見ないと分からないくらい透明です。
写真で見るとこんな感じです。

アタッチメントと呼ばれる突起物が歯についているのは確認できますが、マウスピース自体はほとんど目立っていないことが分かります。


【メリット②】歯がしっかり動いている

インビザライン矯正は、自身がやることと言えばマウスピースを毎日装着しておくことくらいなので、「ちゃんと歯が動くの?」と不安に思う方もいるかもしれません。

しかしマウスピースの着用時間などのルールをしっかり守っていれば、上でご紹介したように歯はしっかり動いてくれるんだなということが分かりました。

【メリット③】食事中は好きなモノが食べられる

インビザライン矯正はマウスピースをいつでも取り外すことが可能なので、食事時には普段通り食べたいものを食べることができます。

僕自身も半年間インビザラインを続けて実感しましたが、食事中にストレスがないって本当にありがたいです。
歯並びが変わってくる段階で噛み合わせが悪くなって食べづらいということも多少はありますが、それでもワイヤー矯正などと比べるとストレスはほとんど無いんじゃないかなと思います。

くれとむ

インビザライン矯正にしてよかったと思える決め手は実はこれが1番大きいかもしれません。


半年間で感じたインビザライン矯正のデメリット

インビザライン矯正のデメリット

・間食ができない
・ほうれい線が濃くなった気がする

【デメリット①】間食ができないのが辛い

マウスピースを着用しているときは、間食をしたり水以外の飲料を飲むことができません。

これに関してはインビザライン矯正を始めて1ヶ月目くらいの時にもブログで書きましたが、やはり未だに「間食したいのにできないのが辛いな」と感じることがたまにあります。

何よりもコーヒーやお茶も飲めないというのがきついです。
ちょっと疲れた時に気分転換したいとき、水じゃちょっと効果が薄いんですよね。
そりゃそうですけど。

またカフェに行ってコーヒーでも飲みながら勉強したい時なども、マウスピースをしている状態じゃなかなか難しいです。

くれとむ


ちなみに僕は最近、ストローでマウスピースにできるだけ当たらないようにしてコーヒーなどを飲んじゃうことが結構あります。
本当はダメなんですけどね・・・

そしてたまに飲み物が喉に直接当たってむせます。


【デメリット②】ほうれい線が濃くなった気がする(出っ歯が原因)

矯正によって前歯が引っ込んできたのはめちゃめちゃ嬉しいんですけど、その代わりにほうれい線が少し濃くなってしまった気がします。

これはインビザライン矯正だからというわけではなく、出っ歯の人が矯正をした際に起こる場合がある現象みたいです。

僕のように元々の歯並びが出っ歯の人は、前歯が引っ込んだとき今まで突っ張っていた口元の皮膚に少し余裕ができるのが原因だとか。
せっかく出っ歯が治って綺麗な歯並びになっても、シワが増えて老けたように見えるのは嫌なので、自分でできるシワ予防などを調べて実施していきたいと思います。

くれとむ

口元のエクササイズをしてシワを予防せねば!!

もし僕と同じように出っ歯を改善することを目的として矯正を行おうと考えている人は、歯医者さんへ相談に行った際に矯正によるシワの発生などについても質問してみるといいかもしれません。


インビザライン矯正半年間の経過まとめ

インビザライン矯正半年間の経過をまとめます。

矯正半年の経過まとめ

・開始前に目立っていた出っ歯がだいぶ改善された
・恐竜のようだった歯並びが、徐々に綺麗なアーチ状に変化してきた
・出っ歯を矯正した際にほうれい線ができるかも?(個人の意見です)なので、気になる方は開始前に歯医者さんに相談してみてもいいかもしれません。

ということで半年間の経過観察を終わりたいと思います。
今後もインビザライン矯正の様子については順次アップしていこうと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!
ではでは。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

くれとむ
どうも、くれとむです。 料理・音楽・映画が好きな普通の社会人です。 一人暮らしの生活に関することやちょっとした小ネタを書いています。 また2020年9月から始めたインビザライン矯正についても経過を挙げていこうと思います。 見てくれた人が楽しい気持ちになるような記事を書いているのでぜひチェックしてみて下さい。