【朝の髪セットが楽チンに♪】髪の毛のセットに便利な「霧吹き」をご紹介します!

こんにちは、くれとむです。
本日は朝の髪セットが楽チンになる「スプレー霧吹き」をご紹介します。

スプレー霧吹きをオススメする方

・寝癖なおしのために髪を湿らせることが多い方
・ヘアスタイリングで髪を濡らすことが多い方
・朝の身支度を短時間で終わらせたい方

本記事でご紹介するスプレー霧吹きを使えば、簡単かつ短時間で髪を全体的に濡らすことができるので、忙しい朝の身支度が少し楽になること間違いなしです。

髪の毛のセットに便利な霧吹き

髪の毛のセットに超便利な霧吹きはコチラです。

僕自身も朝の寝癖を直したいときや髪の毛をセットしたいときなどにこの霧吹きを使っています。
これを購入するまでは、100均に売ってる普通の霧吹きを使ってました。
でもこの霧吹きを使い始めてから、朝の髪セットが劇的に楽になりました!!

その理由は主に3つあります。

髪セットにこの霧吹きが便利な理由

①一回のプッシュで出てくる水の量が多い。
②ミストが細かいので、髪の毛に水分が浸透しやすい
③温かいお湯をボトルに入れれば、冬でも辛くない

「スプレー霧吹き」が髪セットに便利な理由

【スプレー霧吹きの利点①】一回のプッシュで出てくる水の量が多い

本記事でご紹介する霧吹きが髪の毛のセットに便利な理由ひとつ目は、「一回のプッシュで出てくる水の量が多い」ことです。

100均で購入した普通の霧吹きと、ご紹介する霧吹きがどのくらい水の量に変化があるのか実際に比べてみました。

100均の霧吹き

100均に売っている普通の霧吹きは一回のプッシュで少量の水が出てきます。

100均霧吹きの特徴

・1回のプッシュで出てくる水は少量
・ノズルが軽い

くれとむ

100均の霧吹きはノズルが軽いのでプッシュはしやすいですが、少量ずつしか水を出せないのが欠点です。


スプレー霧吹き

本記事で紹介するスプレー霧吹きは、このように勢いある水を噴出することができます。

くれとむ

このスプレー霧吹きは1プッシュで2秒くらい水が出続けるので、短時間で髪の毛全体を濡らすことができます。

スプレー霧吹きの特徴

・1回のプッシュで出てくる水の量が多い
・ノズルが少しだけ固い

このように普通の霧吹きと比べて、1回のプッシュで出てくる水の量が全然違います。
少ないプッシュ数で素早く髪の毛を濡らすことができるので、忙しい朝の身支度を時短することにつながります。

30秒間で出せる水の量

30秒間で出せる水の量を、100均の霧吹きとスプレー霧吹きでそれぞれ比べてみました。

100均の霧吹きが30秒で出せる水量

まず100均の霧吹きでは、30秒間でどれくらい水を噴射できるのかを確かめます。

くれとむ

30秒間本気で水を噴射し続けました。


30秒後

結果:30秒間で22gの水を噴射することができました。


スプレー霧吹きが30秒で出せる水量

次にスプレー霧吹きを使って、30秒間でどれくらい水を噴射できるのかを検証します。

くれとむ

こちらも30秒間本気で水を出し続けます。


30秒後

結果:30秒間で30gの水を噴射することができました。
(100均の霧吹きよりも8g多く水を出すことができました。)


30秒間で出せる水の比較

30秒間で出せる水の量
 ・100均の霧吹き:22g
 ・スプレー霧吹き:30g

100均の霧吹きとスプレー霧吹きで30秒間水を出し続けると、スプレー霧吹きの方が水を“8g”多く噴出できることが分かりました。


スプレー霧吹きが短時間で多くの水を出せる理由は、その構造にあります。

くれとむ

水を吸い上げる部分が太くなっているので、1プッシュで出せる水の量が多くなっています。

その代わり100均の霧吹きに比べて、この霧吹きはレバーが少しだけ固いです。

くれとむ

僕が使っている分には特に不便は感じていませんが、力の弱い方だと連続でレバーを引くのが疲れると感じるかも知れません。



【スプレー霧吹きの利点②】ミストが細かいので髪の毛全体に水分が浸透しやすい

髪の毛のセットに便利な理由2つ目は、「ミストが細かいので、髪の毛に水分が行き渡る」ことです。
普通の霧吹きよりも出てくる水が細かいので、髪の毛全体に浸透しやすいように感じます。

実際に100均のスプレーを使った場合と、このスプレーボトルを使ったときに髪の毛全体を濡らすのにかかる時間を測ってみました。
ついでに髪の毛全体を濡らすまでに必要なプッシュ数&水の量も計測してみました。

100均の霧吹きを使った場合にかかる時間

100均の霧吹きで髪を濡らしたときの結果がコチラです。

使った水の量約81ml
必要なプッシュ数330回
かかった時間約2分21秒
100均霧吹きで髪の毛を濡らした場合

100均の霧吹きを使った場合、およそ”2分21秒”で髪の毛全体を濡らすことができました。


スプレー霧吹きを使った場合

「スプレー霧吹き」で髪を濡らしたとき結果がコチラです。

使った水の量約80ml
必要なプッシュ数74回
かかった時間約1分27秒
スプレー霧吹きで髪の毛を濡らした場合
くれとむ

僕の場合、上の画像のようにボトル半分以下の水で髪の毛全体を濡らすことができました。


結果

髪を全体的に濡らす場合:
100均の霧吹きの代わりにスプレー霧吹きを使うと、”約1分27秒”の時間短縮ができることが分かりました。
また髪を濡らすのに必要なプッシュ数は、スプレー霧吹きの方が”256回”少なかったです。
必要な水の量はどちらもほぼ同じで”約80ml”という結果になりました。

髪の毛の量や長さによって、濡らす時間には個人差があります。

くれとむ

髪を濡らす時間やプッシュ数などは多少変わってきますが、スプレー霧吹きを使った方が早く髪の毛を濡らすことができるのは間違い無いです。

一回の時間はそれほど変わりませんが、毎朝のことになってくると大きな違いです。
朝の時間って貴重ですもんね。

【スプレー霧吹きの利点③】温かいお湯を入れれば、冬でも寒くない

髪の毛のセットに便利な理由3つ目は、「温かいお湯を入れれば、冬でも寒くない」ことです。
霧吹きでセットをする際、中身をお湯にすれば寒い冬でも寒さを感じることなく髪を濡らすことができます。

これに関しては本記事でご紹介する霧吹きだけじゃなく、全ての霧吹きに共通する良い点です。

霧吹きから出るお湯はボトルに入れた温度よりも冷たくなるので、割と熱めのお湯を入れる必要があります。


ヘアスタイリングに便利な霧吹き

本記事では、髪の毛のセットに超便利な霧吹きをご紹介しました。

くれとむ

僕自身はこの霧吹きを買ってから、朝の髪セットがめちゃめちゃ楽にできるようになりました!

皆さんもぜひ、髪の毛のセットがしやすい霧吹きを使ってめんどくさい朝の身支度を少しでも快適にしてみてください。
またこの霧吹きは髪のスタイリングだけじゃなく、清掃や植物の水やりなどにも使用できるので汎用性もバッチリです。
観葉植物を家の中で育てている方にもオススメできる霧吹きです。

というわけで最後まで読んでいただきありがとうございました!!
ではでは。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

くれとむ
どうも、くれとむです。 料理・音楽・映画が好きな普通の社会人です。 一人暮らしの生活に関することやちょっとした小ネタを書いています。 また2020年9月から始めたインビザライン矯正についても経過を挙げていこうと思います。 見てくれた人が楽しい気持ちになるような記事を書いているのでぜひチェックしてみて下さい。