パソコンのキーボードで[Alexandros]の”ワタリドリ”を演奏してみた!

パソコンのキーボードを使って、[Alexandros]さんの楽曲”ワタリドリ”を演奏してみました。
本記事では、その具体的な方法を紹介していきます。

演奏してみた

実際に演奏した動画がこちらです。



Wordを開いてひたすら練習したのですが、全部で40ページ分くらいになりました。
練習を通して指先が器用になったのか、文字を打つ速度もだいぶ上がった気がします。

PCのキーボードでギターの音を鳴らす

以下ではパソコンのキーボードでギターの音を出す方法をご紹介します。
まずざっくりとした手順はコチラです。

パソコンでギターの音を鳴らす手順

①「Tickeys」というMac用アプリをダウンロードする。
②フリーソフトの「TaxGuitar」をダウンロードする。
③録音アプリを用いて、パソコン上の音を録音する。
④音声ファイルをwav形式に変換する。
⑤「Tickyes」を使ってタイピング音をカスタマイズする。

TickeysはMac用アプリなので、Windowsの場合は使用できません。

これらの手順を終えると、パソコンのキーボードからギターの音を鳴らすことができるようになります。

詳しい手順を1から説明していきます。

①「Tickeys」というmacアプリをダウンロードする

まずは「Ticket」というMac用アプリをダウンロードします。

Tickeysとは?

「Tickeys」とは、パソコンのキーボード音を自分の好きな音にカスタマイズできるアプリです。

今回はパソコンでワタリドリを演奏するために、タイピング音をギターの音変えていきます。

Tickeysの使い方

Tickyesの詳しい使い方は、こちらのWebサイトに非常にわかりやすく説明されています。
Macが100倍楽しくなる!キーボード音をカスタマイズしてタイピング人生を変えよう!Tickeys
興味のある方は是非チェックしてみてください。


②フリーソフトの「TaxGuitar」をダウンロードする。

次にキーボードに当てはめるギターの音を用意します。
そのために用いるのが、「TaxGuitar」という無料のギターtab譜ソフトです。

このソフトを使って、演奏に必要なギター音を一音ずつ鳴らして録音していきます。


③録音アプリでパソコン上の音を録音する

「TaxGuitar」で鳴らした音を録音するためのアプリを用意します。
今回は「VideoSolo Screen Recorder」というアプリを用いて録音を行いました。

「VideoSolo Screen Recorder」の良い点

・パソコンの内部音声を録音することができる。
・無料版でも3分間の録音が可能

「VideoSolo Screen Recorder」はパソコンの内部音声を録音することができるアプリで、「Tax guitar」で鳴らしたギター音をこのアプリで録音していきます。

無料版では3分までしか録音ができないのですが、今回はギターの音を一音ずつ録音するので十分です。

録音したギターの音

●1弦2フレットの音

●1弦4フレットの音

④音声ファイルをwav形式に変換する

Tickyesでキーボード音を変更するためには、wav形式の音声ファイル用意する必要があります。
録音したファイルがwav形式でない場合はファイル形式を変更しておきましょう。

「VideoSolo Screen Recorder」で録音した音声ファイルはm4a形式なので、wav形式に変換する必要があります。

音声形式の変更は以下のサイトで無料で行うことができます。
オンライン無料音声ファイル変換-Convertio

⑤「Tickyes」を使ってタイピング音をカスタマイズする

最後に録音したギター音を「Tickyes」でキーボードに当てはめていきます。
そのために以下のような手順でTickyesの設定をしていきます。

Tickeysの音声ファイル準備

●ギター音のファイルをTickeysのファイルに入れます。
→「アプリケーション」を選択
→ 「Tickeys」アイコンを右クリック
→「パッケージの内容を表示」をクリック
→「Contents/Resources/data」の順にファイルを移動する
→ファイルを作成して、そこに録音したギター音ファイル(wav形式)を貼り付けます。
(ファイルの名前は何でも大丈夫です。)


次に貼り付けた音声ファイルをキーボードから鳴らす設定をしていきます。

schemes.jsonの編集

●”schemes.json”というファイルを編集してキーボードにギター音を割り当てます。
→Contents/Resources/data内にある“schemes.json”を開きます。
→以下の画像に示すように、音声ファイルを指定します。

“schemes.json”を開くと、以下のような画面になります。

自分の好きな音にカスタマイズするために、最後尾にコードを追加します。
ちなみに今回僕が”ワタリドリ”を演奏するために追加したコードはこんな感じです。

くれとむ

う〜〜ん、なんのこっちゃ。

これだけ見ると何のことか訳が分からないと思うので、Tickyesの仕組みについて詳しく説明していきます

Tickyesで音を割り当てる方法

まずはあらかじめ記述してあったカッコ内のコードをどれでもいいのでコピーして、一番下に貼り付けます。

くれとむ

コピーしたコードの”name”、”display_name”、”files”、”non_unique_count”、”key_audio_map”の内容をそれぞれ変更していきます。

まず”name”と”display”の後には、先ほどwavファイルを入れた場所のファイル名を書きます。
(今回はguitarというファイルにwavデータを入れたので、”guitar”と記述。)

次に”files”の横にあるカッコ内に、先ほど貼り付けた音声ファイル名を全て記述します。
(1-1.wavはギターの1弦1フレットを表しています。)


non_unique_countのところは、0と書いておきましょう。
(5と書いた場合、filesに記述したファイルを0番目から数えて5番目まで読み取るという意味です)
(0と書いた場合は、filesのファイルを全て読み込みます。)


“key_audio_map”で、キーボードのどこに、どの音を割り当てるかを指定します。

くれとむ

ここが少しややこしいです。

「Tickyes」では、キーボードにそれぞれ以下のような番号が割り当てられています。

“key_audio_map”の左側の数字がこのキーボードの数字に対応しています。

そして右側の数字は、”files”に記述したwavファイルの何番目の音を割り当てるかを表しています。
この時に、filesに入れたwavデータは0番目から数えることに注意してください
(上の記述で”1-2.wav”をキーボードの”U”に割り当てたい場合、”key_audio_map”:[“32”:1]と)


今回は以下のような配列でギターの音を当てはめました。
(例:1-2はギターの1弦2フレット、5-11はギターの5弦11フレットといった感じです)


ちなみに”schemes.json”に自分でオリジナル音声を追加した場合、{}の後にはコンマが必要ないということにも注意が必要です。

最後はコンマがいらない。

ここまでで演奏するための準備はOKです。(めっちゃ時間かかりました。)
後は演奏の練習をひたすらしていくだけです。

まとめ

今回は「Tickeys」というMac用アプリでキーボードの音をカスタマイズして、[Alexandros]さんの楽曲”ワタリドリ”を演奏してみました。
ギター音の割り当てや録音作業、演奏練習が結構大変だったのでサビしか演奏できませんでした。

くれとむ

気が向けば、また別の曲にも挑戦したいと思います。


皆さんも興味があれば、ぜひ試してみてください。
というわけで最後まで見ていただきありがとうございました!!
ではでは👋










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

くれとむ
どうも、くれとむです。 料理・音楽・映画が好きな普通の社会人です。 一人暮らしの生活に関することやちょっとした小ネタを書いています。 また2020年9月から始めたインビザライン矯正についても経過を挙げていこうと思います。 見てくれた人が楽しい気持ちになるような記事を書いているのでぜひチェックしてみて下さい。