【検証】具材を切らずにカレーを作ることはできるのか!?

こんにちは!
料理を作るときに、具材を切るのって面倒ですよね?

くれとむ

僕自身は「じゃがいもの皮を剥くのめんどくせ〜」「野菜を一口大に切るのだるい〜」って思うことが多々あります。

そこでこんな考えに至りました。

くれとむ

具材を切らずにそのまま鍋に入れちゃえばいいんじゃね?

チーズ君

怠惰だね〜。

というわけで今回は、具材を切らずにカレーを作りたいと思います。

カレーの材料とレシピ

具材は以下のものを用います。

カレー(4皿分)の材料

・カレーのルー(半分)
・豚ロース(150g)
・スライス玉ねぎ(冷凍)
・人参(1本)
・じゃがいも(小3個)
・ブロッコリー(冷凍)
・マーガリン(15g)
・塩こしょう(少々)

これらの材料の中をそのまま鍋に入れちゃいます。

レシピはこちらです。

カレーのレシピ

①人参・ジャガイモを綺麗に洗う。(ここがめっちゃ大事!)
②野菜・豚肉・バター(15g)を熱したフライパンで炒める。
③鍋に水(550ml)を入れて沸騰したら、アクを取る。
④鍋に蓋をして、弱めの中火で25分ほど煮詰める。(気持ち長めに煮詰めました)
⑤人参・ジャガイモが柔らかくなったら、スプーンなどで細かくする。
⑥火を止めて、ルーを溶かす。
⑦冷凍のブロッコリーを入れて、弱火で5分ほど煮詰めて完成。

くれとむ

今回は野菜を切らずにそのまま鍋にぶち込むので、いつもより丁寧に野菜を洗いました。
あとは普通のカレーを作る工程と同じです。

調理工程

①じゃがいも・人参を水洗いします。

特にじゃがいもはしっかり泥を落としました。
皮は剥かずにそのまま使用します。
(※人参はヘタの部分だけ取っておく)

②鍋にマーガリン(15g)を溶かします。

③鍋に具材を入れて5分ほど炒めます。

これぜったい野菜に火通ってないよね…

くれとむ

気にしない、気にしない…

野菜の炒め具合には不安がありますが、気を取り直してカレー作りを進めていきます。

④水(550ml)を入れて沸騰させます。

くれとむ

ニンジンの存在感がすごいですね。

⑤水が沸騰したらアクをとります。

⑥鍋に蓋をして弱めの中火で25分ほど煮詰めます。

ここでしっかり野菜が柔らかくなるまで煮詰めます。

⑦野菜をスプーンで細かく砕きます。

くれとむ

めちゃめちゃ簡単に細かくすることができました。
ここまでくればもう普通のカレーと一緒ですね。

⑧火を止めてルーを溶かします。

⑨冷凍ブロッコリーを入れて弱火で5分ほど煮詰めます。

とろみがついたら完成です。

くれとむ

美味しそうなカレーができました。

チーズ君

意外となんとかなるもんだね。

野菜を丸ごと入れたカレーの実食

くれとむ

めちゃめちゃ美味しかったです。
やっぱり家で作るカレーは具材がごろごろ入ったやつにかぎりますね。

具材を切らずカレーを作った結果

具材を切らなくても、美味しいカレーを作ることができた

野菜の大きさはスプーンで細かくすれば包丁で切った時と全く変わりません。
鍋に蓋をして25分ほど煮詰めれば、丸ごと入れた野菜でもしっかりと柔らかくなるので大丈夫なんですね。

野菜を炒める際に丸々具材を入れたので不安でした。
でも最終的には、めちゃめちゃ美味しいカレーになったので安心しました。

まとめ

今回は「野菜を切るのがめんどくさい」という悩みを解決するために、具材をそのまま鍋に投入してカレーを作りました。

初めは「大丈夫かな?」と不安に思いますが、いざ作ってみると全く問題ないです。
皮を剥く時間、野菜を切る時間などを短縮できるだけでなく、めっちゃ楽に料理を作れますね。

超簡単&時短カレーです。

くれとむ

でも今度からは普通に具材を切って作ります。

チーズ君

圧倒的に火が通りにくそうだもんね。


というわけで最後まで見てくださりありがとうございました!!
ではでは👋










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

くれとむ
どうも、くれとむです。 料理・音楽・映画が好きな普通の社会人です。 一人暮らしの生活に関することやちょっとした小ネタを書いています。 また2020年9月から始めたインビザライン矯正についても経過を挙げていこうと思います。 見てくれた人が楽しい気持ちになるような記事を書いているのでぜひチェックしてみて下さい。